News & Topics

2019.11.25ニュース
2020年 11月11日(日)〜11月14日(水)に 東京大学本郷キャンパスで開催予定の LPSO/MFS2020 (5th International Symposium on Long-Period Stacking/Order and Mille-feuille Structures)の ホームページが開設されました。 Abstract Submission 締め切りは 2020年6月1日です。
2019.09.13ニュース
2019年10月14日(月)∼10月18日(金)開催の 5th International Symposium on Advances in Sustainable Polymers (ASP-19、京都工芸繊維大学、 オーガナイザ:櫻井伸一(京都工芸繊維大学))が企画されています。 講演申込締切を過ぎておりますが、ポスター参加をご希望の方は 以下までご連絡ください。
櫻井伸一(京都工芸繊維大学) biobased@kit.ac.jp
会議の詳細は こちら
(9月14日追記)
ASP-19の延期後の申込締切は9月19日、要旨原稿締切は9月末です。 9月末日を過ぎると要旨集に掲載できません。
以下のリンクからマウスの右クリックで「参加申込書」と 「abstract template」をダウンロードできます。 参加申込     abstract template
2019.09.09ニュース
(THERMEC’2020に関する追加情報)
来年の5月31日∼6月5日にオーストラリアのウイーンで開催される THERMEC’2020では、 LPSO/MFSのセッションが設けられています。 Abstractの提出期限が2019年10月4日ですので、 本新学術領域の世界展開のためにも積極的に申し込んでください。 また、 学生(35名)へのGrantも設けられおります ので、学生もお誘いください。
2019.08.06ニュース
2019年 11月20日(水)∼11月22日(金)開催の 第27回機械材料・材料加工技術講演会 (M&P2019、フェニックス・プラザ(福井市))において、 オーガナイズドセッションA-2 「複層/多層材料」 (オーガナイザ:染川英俊(物材機構), 戸高義一(豊橋技科大), 湯浅元仁(同志社大))が企画されています。 講演申込締切が8月9日8月30日です(締切延長)。
ふるってご応募ください。 締切ました
また、若手ポスターシンポジウムも開催されます。
 講演申込締切: 2019年8月9日 8月30日(金)まで (講演タイトル, 著者一覧, 100∼200字程度の講演概要)
 講演原稿提出締切: 2019年9月20日(金)
 講演申込登録は こちら
2019.07.10ニュース
2019年 11月1日(金)~11月3日(日)開催の軽金属学会 2019年第137回秋期大会において、テーマセッション1 「ミルフィーユ構造の材料科学III」が企画されています。 講演申込締切が7月18日です。 ふるってご応募ください。 締切ました
(会期が日本機械学会M&Mと重なっておりますので、 ご注意ください。)
 講演申込締切: 2019年7月18日(金) 23:59まで
 概要集原稿締切:8月26日(月)13:00事務局必着
 参加予約申込締切:9月30日(月)
参加・講演申込登録は こちら
*東京農工大学・斎藤研究室見学会が企画されています。 (メンバーページ参照)
2019.07.08ニュース
「Materials Science on Mille-Feuille Structure」特集号 掲載論文(日本金属学会欧文誌 Materials Transactions)を 募集いたします。
 特集号  61巻3号(2020年)
 会 告  まてりあ 57巻5号(公示日2019年5月1日)
 原稿締切 2019年9月2日
執筆に際しては,日本金属学会欧文誌投稿の 手引き・執筆要領 をご参照下さい。 ご投稿の際は ここ から願います。
2019.07.08 ニュース
2020年5月31日∼6月5日開催の THERMEC’2020(オーストリア、ウィーン) において、 “LPSO/MFS Material: Microstructure & Kink Strengthening”が シンポジウムとして企画されています。 アブストラクト締め切りは10/4です。 ふるってご応募ください。 詳細はTHERMECの ホームページ または サーキュラをご覧下さい。
2019.04.17ニュース
2019年12月10日〜14日開催の MRM2019(MRS-J主催、横浜シンポジア) において、 ミルフィーユ材料が シンポジウムとして企画されています。 アブストラクト締め切りは5/10です 5/25に延長されました 締切りました。 ふるってご応募ください。 詳細はこちら
2019.04.04ニュース
2019.4.1  第一期公募研究の採択課題が決定しました。

本領域の概要

我が国で開発された、従来の常識を覆す高強度を示したLPSO構造型Mg合金(河村教授、熊本大)の研究を通して、①ミクロな硬質層・軟質層の相互積層により構築される「ミルフィーユ構造」の②高温加工による著しい材料強化現象「キンク強化現象」が見いだされました.本領域研究は、これら我々独自の着眼のさらなる展開を図るものです。キンク強化を新しい材料強化法として確立し、これに基づく材料創製をTi系、Al系を含む新規金属系材料、さらには高分子系・セラミックス系材料へと展開します。

① ミルフィーユ構造
ミクロスケールで、原子同士が強く結合した硬質層と、比較的弱く結合した軟質層との積層構造。パイ生地層(硬質層)とクリーム層(軟質層)が積層した「ミルフィーユ洋菓子」に例えた。

② キンク強化現象
変形により形成される、結晶が急峻に折れ曲がった「キンク」領域の導入によって材料が強化される現象。特異な層状構造(LPSO構造)を持つMg合金において初めて見いだされ、およそ半世紀ぶりの材料強化法の発見となった。

経験的ミルフィーユ条件
ミルフィーユ構造の物質が高い強度を持つための条件
 1. 硬質層と軟質層からなる層状構造であること
 2. 相間距離はサブミクロン程度以下であること
 3. 結晶の容易辷り系が層面に限定されていること
 4. キンク形成時において層間剥離を起こさないこと